医療費が高額になったとき(高額療養費)

平成30年8月から、70~74歳の方の高額療養費の自己負担限度額が変更になります。

高額療養費とは、医療機関に支払った1ヶ月の医療費が下記の自己負担限度額を超えた場合、申請することにより、超えた分が支給される制度です。

70歳未満の方

所得に応じた自己負担限度額表(平成30年8月以降も変更なし)
所得区分 限度額
基礎控除後所得
901万円超
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
【多数回該当:140,100円】
基礎控除後所得
600万円超~901万円以下
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
【多数回該当:93,000円】
基礎控除後所得
210万円超~600万円以下
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
【多数回該当:44,400円】
基礎控除後所得
210万円以下
57,600円
【多数回該当:44,400円】
住民税非課税 35,400円
【多数回該当:24,600円】

・月の1日から末日までを1ヶ月とします。

・各医療機関ごとに計算します(入院と外来は別計算)。

・同じ医療機関でも医科と歯科は別計算となります。

・各医療機関ごとに計算したのち、21,000円以上のものの合計が限度額を超えていれば対象となります。

・多数回該当とは、過去12ヶ月に3回以上高額療養費の支給を受けた場合の4回目から適用される限度額です。

・入院時の食事代・病衣・差額ベッド代・保険の対象にならない診療等は支給の対象になりません。

70~74歳の方

所得に応じた自己負担限度額表(平成30年7月まで)
所得区分 限度額
外来 入院(世帯)

現役並み

所得

課税所得
145万円以上
57,600円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
【多数回該当:44,400円】
一般 課税所得
145万円未満
14,000円
年間上限:144,000円
(8月~翌年7月)
57,600円
【多数回該当:44,400円】

低所得

II 8,000円 24,600円
I 15,000円
所得に応じた自己負担限度額表(平成30年8月から)
所得区分 限度額
外来 入院(世帯)
課税所得
690万円以上
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
【多数回該当:140,100円】
課税所得
380万円以上 690万円未満
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
【多数回該当:93,000円】
課税所得
145万円以上 380万円未満
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
【多数回該当:44,400円】
一般 課税所得
145万円未満
18,000円
年間上限:144,000円
(8月~翌年7月)
57,600円
【多数回該当:44,400円】

低所得

II 8,000円 24,600円
I 15,000円

・月の1日から末日までを1ヶ月とします。

・複数の医療機関に受診した場合、金額に関わらず全て合算し、合計が限度額を超えていれば対象となります。

・多数回該当とは、過去12ヶ月に3回以上高額療養費の支給を受けた場合の4回目から適用される限度額です。

・入院時の食事代・病衣・差額ベッド代・保険の対象にならない診療等は支給の対象になりません。

・低所得 I とは、世帯主及び国保被保険者全員が住民税非課税で、かつ、各所得等から必要経費 ・ 控除を差し引いた所得が0円となる世帯に属する方です。(年金の所得は控除額を80万円として計算します。)

・低所得 II とは、低所得 I に該当しない方です。

 

申請に必要なもの

・国民健康保険証

・領収書

・印鑑

・世帯主の通帳

この記事に関するお問い合わせ先

住民福祉課 国保環境班

〒039-0198
青森県三戸郡三戸町大字在府小路町43
電話:0179-20-1151 ファクス:0179-20-1100

更新日:2018年07月05日