赤ちゃんが生まれたら

令和3年4月1日から産婦健康診査の費用助成が始まりました!!

三戸町では、令和3年4月1日以降に産婦健康診査を受ける方に費用の一部を助成しています。

産婦健康診査は、産後の心身の健康状態を確認するだけでなく、不安な気持ちや悩みを相談する機会となります。

産婦健康診査の結果、支援が必要な際は町で実施している母子健康包括支援センター、母子保健サービス、子育て支援サービスの利用をご案内する場合があります。

対象者

産婦健康診査を受ける時点において、三戸町に住所がある方(転出した場合は助成を受けられません)

回数・時期

1人2回まで(産後56日までに産婦健診受診票を使用した場合に限ります)

1回目:産後2週間健診(概ね産後2~3週間)

2回目:産後1か月健診(概ね産後4~6週間)

健診内容

1 問診

2 診察

3 体重測定、血圧測定

4 尿検査

5 メンタルヘルスチェック(心の健康アンケート)

受診場所及び受診方法

出産した医療機関に事前に予約の上、受診してください。

県外の医療機関を受診予定の場合は、あらかじめ健康推進課へ連絡をお願いします。

予約した日に、産婦健康診査受診票、母子手帳、(保険証、診察券)を持参して受診し、一回分の受診票を受付に提出してください。

留意事項

産婦健康診査は、健診内容1~5の全項目を実施した場合に、公費助成の対象となります。

1回の健診費用に対し公費助成金の上限は5,000円までです。健診費用が上限を超えた場合は、超えた部分の金額が自己負担となります。

県外のご実家で里帰り出産する方へ

県外の医療機関で出産し産婦健診をした場合は、健診内容の1~5の全てを実施した場合に健診費用の一部を払い戻しします。払い戻しの対象になる方は、健康推進課へ問い合わせください。

 

【申請時に必要なもの】

・母子健康手帳(産婦健診の記録確認)

・産婦健康診査受診票(健診の結果が記入されたもの又は未使用のもの)

・領収書(金額及び産婦健康診査等の記載確認)

・診療明細書(健診内容の確認)

・印鑑(認印)

・申請者(産婦)名義の口座番号がわかるもの(通帳等)

乳児一般委託健康診査受診票(助成券)の交付

乳児(1歳未満)の心身の異常を早期に発見し、子どもの健やかな成長を図るため、1歳までに無料で3回健康診査が受けられる受診票(助成券)です。三戸町保健センター(三戸町役場健康推進課)で手続きしてください。

【受診票(助成券)の使い方】

(第1回目)生後1か月児健診

(第2回目)生後3~4か月児健診

(第3回目)生後9~11か月児健診

上記の月齢が近づきましたら、保護者自身で健康診査を受診したい病院へ電話・予約のうえ、受診してください。

受診の際は受診票(助成券)を忘れずに提出してください。提出し忘れると自己負担金が発生します。

 

乳児健康診査を受診できる病院は下記の一覧のとおりです。

下記の委託医療機関以外で受診される場合は、受診票(助成券)が使用できないことがありますので、一度、三戸町保健センター(三戸町役場健康推進課)までご連絡をお願いします。

新生児(乳児)訪問

赤ちゃんとお母さんとお父さんが笑っている様子

生まれたすべての赤ちゃんと産婦さん(保護者)を対象に、生まれてから28日以内(里帰りの場合は60日以内)に保健師が家庭訪問し、新生児(乳児)の発育、栄養、生活環境、乳児健診、予防接種などの保健指導を行います。

里帰り先での家庭訪問を希望される場合は、出生届出時などの機会にその旨お知らせください。

乳児家庭全戸訪問

ママ同士で笑い合っている様子

生後2か月半~3か月ごろの赤ちゃんと保護者の方を対象に、保健師が家庭訪問し、育児に関する悩みや相談、子育て支援に関する情報提供などを行います。

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課 健康づくり班

〒039-0198
青森県三戸郡三戸町大字在府小路町43
電話:0179-20-1152 ファクス:0179-20-1105

更新日:2021年04月08日