日本脳炎ワクチン(特例接種)

日本脳炎ワクチン(特例接種)について

平成17年度から平成21年度にかけての積極的勧奨差し控えにより、接種を逃した者が20歳になるまでの間、定期接種として実施することができます。

(特例接種の取り扱いは、令和8年度までの予定です。)

対象者

・平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの者で、9歳以上13歳未満にある者

・平成7年4月2日生まれから平成19年4月1日生まれの者で、20歳未満にある者

接種回数・間隔・注意事項等

・全く接種していない場合

1期初回接種は6日以上、標準的には6日から28日までの間隔をおいて2回、1期追加接種は2回目接種後6月以上、標準的にはおおむね1年を経過した時期に1回接種する。

2期接種は、9歳以上の者に対して1期終了後、6日以上の間隔をおいて1回接種する。

・1期の不足分と2期の接種を行う場合

接種回数と接種間隔については、医師とよくご相談ください。

その他

対象者に該当する者で、接種を希望される方は、一度、下記の問い合わせ先にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課 健康づくり班

〒039-0198
青森県三戸郡三戸町大字在府小路町43
電話:0179-20-1152 ファクス:0179-20-1105

更新日:2022年08月31日