社会資本総合整備計画

社会資本整備総合交付金について

「社会資本整備総合交付金」は、国土交通省所管の地方公共団体への補助金を一つの交付金とし、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かすことを目的として平成22年度に創設されました。都市基盤施設の効率的・計画的な整備を実施するため、地方公共団体 が作成した社会資本総合整備計画に基づき、基幹事業(ハード事業)のほか、関連する整備事業や、基幹事業と一体となって効果を一層高めるための事業(ソフト事業等)を総合的・一体的に支援する制度となっています。

また、平成24年度には「社会資本整備総合交付金」に加え、地域の防災・減災、安全を実現するため、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策及び事前防災・減災対策の取組みや、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みに特化して集中的に支援する制度として、「防災・安全交付金」が創設されました。

社会資本総合整備計画について

「社会資本整備総合交付金」および「防災・安全交付金」により事業を実施しようとする地方公共団体は、計画の目標や期間、目標達成のために必要な事業等を記載した社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することとされています。

また、計画期間の終了後は、目標の達成状況等について地方公共団体が事後評価を行い、結果を公表し、あわせて国土交通大臣に報告することとなっています。

社会資本総合整備計画一覧表

三戸町では、以下の「社会資本総合整備計画」を作成し、社会資本の整備を推進しています。

なお、各整備計画の事業内容につきましては、各計画所管課へお問い合わせください。

社会資本整備総合交付金に関する社会資本総合整備計画一覧

整備計画名称

計画所管課:建設課

計画期間:平成28年~平成32年

計画の目標

重役・建築物の耐震化による防災・安全対策を行うことにより、安全で安心できる住まい・まちづくりを実現する。

計画の成果目標
  • 青森県における耐震性が確保された住宅の割合

防災・安全交付金に関する社会資本総合整備計画一覧

整備計画名称

計画所管課:建設課

計画期間:平成26年~平成30年

計画の目標

災害・雪害時に備えたインフラの整備・補修および歩道整備等による歩行空間の確保により、地域の生活空間の安全の確保を図る。

計画の成果目標
  • 通学路における歩道とう整備率の向上
  • 道路ストック総点検に基づく道路施設の修繕対応率の向上
  • 流・融雪溝整備率の向上

整備計画名称

計画所管課:建設課

計画期間:平成26年~平成30年

計画の目標

各種点検・計画(定期点検、橋梁長寿命化計画等)における対策必要箇所の対策実施率を向上させる。

計画の成果目標

橋梁長寿命化修繕計画対応率の向

事前評価

計画期間が終了し、事後評価を実施した整備計画

整備計画名称

計画所管課

参考

この記事に関するお問い合わせ先

建設課 建設班

〒039-0198
青森県三戸郡三戸町大字在府小路町43
電話:0179-20-1154 ファクス:0179-20-1112

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年08月07日