新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した被保険者に対する国民健康保険税の減免措置について

概要

本制度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯内の主たる生計維持者(※)の収入が一定以上減少した場合、国民健康保険税の全部または一部を減免するものです。

(※)主たる生計維持者・・・世帯主または世帯主以外で国民健康保険に加入している人のうち、世帯の生計を維持している方(世帯主以外の社会保険加入者や後期高齢者医療制度の方、別世帯の方は主たる生計維持者となりません)

減免の対象となる保険税

令和3年4月1日から令和4年3月31日までに納期限が設定されている令和3年度分の国民健康保険税が対象となります。

減免対象世帯

次の1・2どちらかの基準に該当する世帯が、今回の減免対象となります。
両方の基準に該当する方は、減免額の大きい方を適用します。

 

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った世帯
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入(以下「事業収入等」という。)の減少が見込まれ、以下の要件全てに該当する世帯

        【要件(対象者は「主たる生計維持者」となります)】
          a.事業収入等の減少額が、前年の事業収入等と比べて30%以上であること
          b.前年の合計所得が1,000万円以下であること
          c.減少が見込まれる所得以外の所得が400万円以下であること

※ただし、前年の所得が0円以下の場合は、減免対象外となります。

※主たる生計維持者や被保険者が令和2年中の申告をしていない場合、正しい減免額が算定できないので、申告をおこなった後に申請書を提出してください。

 

以下のフローチャートを活用することで、減免になるかどうかの自己診断を行うことができます。

簡易診断フローチャート(PDFファイル:79KB)

減免割合

減免割合は、以下のとおりとなります。

 

減免対象世帯1・・・・・全額免除

減免対象世帯2・・・・・次項の計算式で算出した額を免除(全額から10分の2まで)

減免額の算定

減免対象世帯2に該当する世帯の減免額は、以下の計算式に基づいて算定します。

「対象保険税額(表1)× 減額の割合(表2)= 保険税減免額」

 

(表1)対象保険税額=A × B ÷ C

A 世帯の被保険者全員について算定した保険税額
B 主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額
C 世帯の被保険者全員と世帯主の前年の合計所得金額

 

(表2)減額の割合

主たる生計維持者の前年の合計所得額

減免の割合
300万円以下 全額
400万円以下 10分の8
550万円以下 10分の6
750万円以下 10分の4
1,000万円以下 10分の2

 

例:父(世帯主)、母、子どもの3人家族の場合

【世帯状況】

・令和3年度の国民健康保険税は、年間60万円。

・世帯の生計は、父の「給与収入」で維持している。

・主たる生計維持者は父。

・新型コロナウイルスの影響で、令和3年度の給与収入が3割以上減少する見込み。

収入等比較表(年間合計)
世帯構成員   令和2年 令和3年 増減額 比較割合
父(主たる生計維持者) 収入 567万円 311万円 -256万円 4割減
所得 400万円 200万円 -200万円  
所得 30万円 30万円 ±0万円  
所得 0万円 0万円 ±0万円  
合計(所得)   430万円 230万円 -200万円  

 

~計算方法~

1.世帯の経済状況から、「減免対象世帯2」に該当する。

2.対象保険税額を算定                         60万円×400万円÷430万円=55.8万円(a)

3.減額の割合を算定                             前年所得400万円  →  表2より「10分の8」に該当(b)

4.保険税減免額を算定(a)×(b)              55.8万円×0.8=44.6万円

5.確定している保険税額から減免額を引く    60万円-44.6万円=15.4万円(減免後の保険税額)

減免申請について

【申請期限】

納期限の7日前まで(最終期限は令和4年3月24日(木曜日)となります。)

※令和3年度1期分から減免を受けるためには、7月26日(月曜日)までに申請が必要です。8月1日以降は、すでに納期限を過ぎた期別の保険税は対象外になりますので申請の際は十分に気をつけてください。

 

【申請書類】

減免申請に必要な書類については、以下の書類をご確認ください。必要な書類が揃い次第、郵送または持参にて三戸町役場税務課へ提出してください。

申請書類一覧表(PDFファイル:83.3KB)

収入見込申告書(PDFファイル:105.9KB)

収入見込申告書(記入例)(PDFファイル:140.6KB)

減免申請書(PDFファイル:93.6KB)

減免申請書(記入例)(PDFファイル:125KB)

 

 

【減免の決定】

減免の決定・不承認に関する通知は、申請いただいた翌月に通知書を発送いたします。すでに納付済の金額に対して減免が発生した場合は、差額分を還付いたします。

(注意)ただし、収入状況が回復したなどの理由により、減免が不適当である(例:今年度の収入が前年の収入より30%以上減少しない)と認められた場合には、減免を取り消し、減免額を賦課することがあります。減免決定後、収入状況が回復した場合はご連絡ください。

非自発的失業者に対する軽減措置

新型コロナウイルス感染症に限らず、64歳以下で勤め先の都合により離職した方は、今回の減免措置の対象外となりますが、非自発的失業者による国民健康保険税の軽減対象となります(ただし、非自発的失業者の給与収入に加えて、事業収入等の減少が見込まれる場合は、今回の減免対象となる場合もあります)。

軽減を受けるためには申請する必要がありますので、詳細については、下記ページ内の「2.非自発的に失業された方の保険税の軽減」をご確認ください。

介護保険料の減免について

介護保険の第1号被保険者(65歳以上)も、今回の新型コロナウイルス感染症に対する減免措置を行っておりますので、詳しくは以下のページをご確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 課税班

〒039-0198
青森県三戸郡三戸町大字在府小路町43
電話:0179-20-1118 ファクス:0179-20-1112

更新日:2020年07月01日