小規模特認校(杉沢小学校・杉沢中学校)について

校舎

小規模特認校とは、三戸小・中学校の学区にお住まいの方でも、豊かな自然に囲まれた環境と少人数による教育のよさを生かし、きめ細やかな指導や特色ある教育を推進している杉沢小学校・杉沢中学校に就学できる制度です。
三戸町小規模特認校実施要綱(PDF:102.3KB)

令和2年度の児童生徒を募集します

募集期間:令和元年9月2日(月曜日)~11月29日(金曜日)
※ご希望により体験入学を行うことができます。
   日程などの詳細については、教育委員会事務局までお問い合わせください。

■入学時期  原則として令和2年4月
■対 象 者   三戸小学区にお住まいの新1~6年生
                 三戸中学区にお住まいの新7~9年生
■募集人数  各学年とも若干名
■通      学  原則として保護者の責任
                ※送迎が難しい場合はご相談ください。
■就学期間  原則として1年間以上

小規模特認校就学申請書(PDF:80.9KB)
小規模特認校就学申請書(記入例)(PDF:111.9KB)

三戸町立杉沢小中学校のご紹介

小中一貫三戸学園(三戸小・三戸中)と同じ、施設一体型の小中一貫校です。
児童生徒数は令和元年5月1日現在12名の極小規模校です。
豊かな自然環境と小規模のメリットを生かし、地域と密着した様々な教育活動を行っています。

子どもを中心にした教育の特長
1 子どもの発達を保証する直接体験のできる自然環境を活用
2 子ども同士や教師と子どもの人間関係を重視
3 地域学校との深いつながり

主な活動
1 豊かな自然を生かした「体験学習活動」
 (1)三戸漁業協同組合の支援による稚魚放流体験
 (2)三戸牧野組合の支援による酪農体験
 (3)冬季のノルディックスキー体験

2 個に応じた「学習指導」
 (1)能力や特質に応じた、きめ細やかな少人数学習指導
 (2)豊富な学校図書を活用した読書活動
 (3)全教員が全校担任という意識による全校講話

3 社会性を育む「地域学習」と「国際化学習」
 (1)NIE(教育に新聞を)活動(H31青森県NIE実践校)
 (2)三高生や留学生、地域住民の支援による運動会と文化祭
 (3)県内外の美術館、博物館のフィールドワーク
 (4)地域住民と共に取り組むボランティア活動

稚魚放流

稚魚放流

酪農体験

酪農体験

地域との運動会

地域との運動会

農業体験

農業体験

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局

〒039-0198
青森県三戸郡三戸町大字在府小路町43
電話:0179-20-1157 ファクス:0179-20-1114

更新日:2019年08月13日