農業次世代人材投資資金(経営開始型)のご案内

   町では次世代を担う農業者となることを志向する方に対し、就農直後の経営確立を支援する資金「農業次世代人材投資資金(経営開始型)」を交付します。
交付金額:年間最大150万円、最長5年間
※2年目以降は前年の所得状況により給付額が変動します。

   農業を始めてから経営が安定するまでの方で、以下の要件を満たす方が対象です。

1 三戸町農業経営基盤強化促進基本構想に規定する青年等就農計画の認定を受け た認定新規就農者
2 原則として45歳未満で※独立・自営就農する方
3 三戸町人・農地プランに位置づけられている方(見込みも可)、又は農地中間 管理機構から農地を借り受けている方

※独立・自営就農とは主体的に農業経営を行うことであり、以下の要件をすべて満たすことをいいます。

(1)農地の所有権もしくは利用権を有していること。
※但し、農地が親族からの貸借が過半である場合は、交付期間中に所有権移転すること。(貸借、利用権設定は農業委員会に相談してください。)
(2)主要な機械・施設を自らが所有又は借りていること。
(3)本人名義で生産物の出荷や生産資材の取引を行うこと。
(4)経営収支を交付対象者の通帳及び帳簿で管理すること。
(5)自らが農業経営に関する主宰権を有していること。
※自らが作成した青年等就農計画等に即して主体的に農業経営を行うこと。

・親元に就農する場合であっても、上記の要件を満たせば、親の経営から独立し た部門経営を行う場合や親の経営に従事してから5年以内に継承(所有権移転) する場合(確約書必要)は、その時点から対象となります。
・農家子弟の場合は新規参入者と同等の経営リスク(新たな作物の導入、経営の 多角化等)を負うと町長に認められる必要があります。
・中間評価で経営の改善が見られないと判断された場合は交付停止となります。
・交付期間と同期間以上営農を継続しなかった場合は月単位で返還となります。
・夫婦ともに就農する場合は、夫婦あわせて1.5人分が交付されます。

※詳しくは、農林課までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

農林課

〒039-0198
青森県三戸郡三戸町大字在府小路町43
電話:0179-20-1155 ファクス:0179-20-1112

更新日:2018年12月06日