認知症初期集中支援事業

~認知症は早期発見・対応が大切です~

三戸町では、「認知症初期集中支援チーム」の活動を開始しました

認知症になっても、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けられるために、認知症の人や家族に早期に関わる{「認知症初期集中支援チーム」を配置しました。

「認知症初期集中支援チーム」の活動は?

認知症初期集中支援チームのメンバーが肩を組み、輪を作っている

認知症又はその疑いのある方やご家族をチーム員(※)
が訪問して、ご本人やご家族とお話しさせていただき、
必要に応じて、認知症に関する情報の提供や医療機関
の受診、介護保険サービスの利用の効果に関する説明
及び心理的サポートや助言などを行います。

※チーム員は、認知症サポート医、保健師、看護師、
精神保健福祉士、社会福祉士、認知症地域支援推進員、作業療法士などの専門職で構成されており、三戸町役場 健康推進課 三戸町地域包括支援センターにチームを配置しています。

対象となる方は?

杖をついて徘徊している様子の高齢男性

40歳以上の町民で、自宅で生活されており、かつ認知症が疑われる方や認知症の方で、次の1.~4.のいずれかに該当する方

1.認知症の診断を受けていない方

2.継続的な医療を受けていない方

3.介護保険サービスに結びついていない、又は中断している方

4.認知症の症状が強いため、対応に困っている方

この記事に関するお問い合わせ先

三戸町地域包括支援センター


〒039-0198
青森県三戸郡三戸町大字在府小路町43
電話:0179-20-1153 ファクス:0179-20-1105

更新日:2018年06月01日