三戸町における女性職員の活躍の推進に関する特定事業主行動計画行動計画の策定について
概要

女性の職業生活における活躍を推進し、豊かで活力ある社会の実現を図ることを目的とした「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が平成27年8月に成立し、女性の活躍推進に向けた数値目標を盛り込んだ行動計画の策定などが、国や地方公共団体、民間企業等の事業主に義務付けられました。

この行動計画は、三戸町職員を対象とした行動計画で、仕事と子育ての両立支援や職場における働き方の見直し等を推進し、職場全体が一体となって取り組むことを目指したものです。

計画期間、第1次計画は5年間

女性活躍推進法は、平成28年度から平成37年度までの10年間の時限立法であり、この行動計画は、平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間を計画期間とした第1次計画です。

目標設定のための把握項目

本町の行動計画(第1次計画)の数値目標を定めるため、女性職員の活躍に関する様々な現状を把握し、分析を行いました。

・管理職の女性の割合(一般行政職)
・各役職段階の職員の女性の割合(一般行政職)
・年代別職員数(H26.4.1時点、一般行政職)
・男女別の育児休業取得率及び平均取得時間
・男性の配偶者及び育児参加休暇の取得率
・平均取得日数

本町の定める目標は2つ

各項目の分析結果をもとに、女性職員の活躍を推進するため、次のとおり目標を定めました。

目標1:女性職員のキャリアアップ支援について
目標2:男性職員の育児休業等の取得の促進

※計画の詳細については、こちらをご覧ください。
「三戸町における女性職員の活躍の推進に関する特定事業主行動計画」

女性の職業選択に資する情報の公表(H2907)

特定事業主行動計画に基づく取組の実施状況