新型コロナウイルス感染症情報

昨年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市を中心に、新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者が発生し、国内外で感染者や感染地域が拡大しています。

また、国内の複数地域で、感染経路が明らかでない患者も、散発的に発生しております。

住民の皆さまにおかれましては、手洗いや咳エチケットなど基本的な感染症対策を徹底していただき、風邪症状がある場合には、会社等を休むなど、感染拡大防止につながる行動をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の特徴は?

感染者には、無症状ないし軽症で、既に回復している人もいます。

新型コロナウイルス感染症の主症状と潜伏期間
主症状

発熱や呼吸器症状が1週間前後持続

強いだるさ(倦怠感)

※一部の症例は、人工呼吸器など集中治療を要する、重篤な肺炎症状を呈している。特に高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、重症化のリスクが高いと考えられている。

潜伏期間 1日~12.5日(多くは5日~6日

 

新型コロナウイスルは、どうやって感染するの?

現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられています。

感染経路

飛沫感染

(例)感染者のくしゃみや咳、つばと一緒にウイルスが放出され、別の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染する。

接触感染

(例)感染者が触れたものにウイルスが付着し、別の人がその物に触れることで、ウイルスが手に付着、その手で口や鼻に触ることで感染する。

 

感染症対策は、何をすればいいの?

まめに手洗い

外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。石鹸で洗い終わったら、十分に水で流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かしましょう。

手洗いについて(PDF:854.4KB)

出典:首相官邸ホームページ

咳エチケット(マスクの着用など)

くしゃみや咳が出る時はマスクを着用し、マスクがない時はティッシュやハンカチなどで口と鼻を覆いましょう。とっさの時は袖や上着の内側で口と鼻を覆いましょう。

咳エチケットについて(PDF:881.7KB)

出典:首相官邸ホームページ

普段の健康管理に気をつける

十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

適度な室温を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)を保ちましょう。

人込みを避ける

人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避け、不要不急の外出を控えましょう。

症状がある方は、三戸地方保健所(0178-27-5111)に電話相談!

次の症状がある方は、三戸地方保健所(帰国者・接触者相談センター)にご相談ください。

・風邪の症状や37.5度以上の熱が4日以上続く

・強いだるさや息苦しさがある

(重要)
重症化しやすい高齢者や基礎疾患(糖尿病、心疾患、呼吸器疾患など)がある方に加えて妊婦さんは、こうした状態が2日程度続いたら相談しましょう。

ご相談の結果、新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、三戸地方保健所(帰国者・接触者相談センター)で、医療機関の紹介や連絡方法等をお伝えし、受診調整を行います。

 

三戸地方保健所(帰国者・接触者相談センター)
電話番号 0178-27-5111

(症状がこの基準に満たない場合には、かかりつけ医や近隣の医療機関にご相談ください。)

新型コロナウイルスQ&A(PDF:1.1MB)

出典:首相官邸ホームページ

 

一般的な相談窓口はちこらです!

新型コロナウイルス感染症について、疑問や心配事などの一般的な相談や問い合わせを受け付ける電話相談窓口が開設されています。

青森県 電話相談窓口(コールセンター)

電話番号 0120-123-801(フリーダイヤル)
受付時間

24時間対応

(土曜日、日曜日、祝日も実施)

 

厚生労働省 電話相談窓口(コールセンター)

電話番号

0120-565-653(フリーダイヤル)

受付時間

9時00分~21時00分

(土曜日、日曜日、祝日も実施)

新型コロナウイルス感染症に関連するページ(町ホームページ内)

新型コロナウイルス感染症に関連する外部リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課 健康づくり班

〒039-0198
青森県三戸郡三戸町大字在府小路町43
電話:0179-20-1152 ファクス:0179-20-1105

更新日:2020年03月18日